AUTODESK ReCapの分類と概要

ReCapは1種類じゃない(7つはある)

ReCapと呼ばれるソフトは全部で、少なくとも7種類はあると思う。クラウドベースでデスクトップソフトと、モバイルアプリを分けて考えて7つ。

  1. ブラウザ版ReCap (Photo)
  2. デスクトップ版ReCap Photo
  3. デスクトップ版ReCap
  4. デスクトップ版ReCap Pro
  5. デスクトップ版ReCap 360
  6. iOS 版ReCap

今回このうち、デスクトップ版のReCap, Recap Pro, Recap 360は同じようなソフトとして一まとめにして考えます。

ブラウザ版ReCap (Photo)

写真から3Dモデルを作りたい!という人は、たぶんこのブラウザ版が一番とっつきやすい。

ReCapの中でも一番簡単に利用できるブラウザ版のReCap

画像をアップロードすると、それらの画像を解析して、3Dモデルとして吐き出してくれる。作成時間も1時間未満でできる場合が多い。

新規登録で手こずることなく行けば、全行程を1時間もあればできると思う。写真を撮って、それをブラウザからアップロード、3D化するまであっという間だ。

Androidならブラウザから利用できる。Chrome利用が推奨されている。

iOSは非対応。Chromeからでもサイトアプリが起動しない。

簡単操作

操作もドラッグ&ドロップだけでできる(↑上図)

データはAUTODESKのクラウドストレージへ

作成した3DモデルのデータはA360クラウドストレージに保存されており、ブラウザから閲覧、3D表示、DLなどできる。

デスクトップ版ReCap Photo

デスクトップで利用できるReCap Photo。

ReCapの中では、画像から3Dモデルを作成するためのソフトだと思われる。

デスクトップ版も、基本はブラウザ版と似ている。

モデル編集機能

ブラウザ版と同様の3D作成機能に加えて、デスクトップ版ReCap Photoではメッシュの変更、切断、穴埋めなども可能になっている。

サーフェイスのメッシュ量や、起伏の調節などができる。

A360ストレージ、ローカルストレージとの同期

データは、A360に自動保存されるが、ローカルファイルの編集やダウンロード・アップロードができる。

データ数が多い場合、ブラウザ版だとエラーや処理落ちがある。それに対して、デスクトップ版の場合はあまりエラーがなく、安定した作業環境になっている。

デスクトップ版ReCap / デスクトップ版ReCap Pro

公式の紹介ページは↓

実際すべてはインストールしてないので、わからないが、Recap, Recap Pro, Recap 2018は同じソフト、もしくは同じ機能のソフトではないかと予想。

専用の装置を使ったスキャンを前提としたソフトだと思われる。

自分のPCにもReCapをインストールしてみたが、使えないままになっている。

 ドローンやスキャン専用機器利用のためのソフト

現在、Ver 4.2で、手で取った写真を利用した3Dモデル作成機能はついていないように思う。

GPS機能などで、フィールド作成用

ReCap Proでは、ジオタグなどを使って、画像を繋ぎ合わせて、大きなフィールドや建造物を作成するためのソフトなのかなと思う。

iOSアプリ版ReCap Pro

ReCap Pro  + 専用レーザスキャナ でのみ利用可能

2017年の秋頃にリリースされて、すごく期待してインストールしたアプリ。。。

実際は、業務用っぽく、専用機器がないと動かせない。

ReCap Pro用のレーザスキャナはちと高い。。。

Faro Focus M

AUTODESKのフォーラムで紹介されているファロフォーカスM。

[brogcard url=”https://forums.autodesk.com/t5/recap-forum/what-is-a-good-3d-laser-scanner-to-use-with-recap-or-other/td-p/7099946″]

人体にも安全で、とっても便利らしいですが、お値段が200~300万ぐらい?・・・高い。

調べると日本語サイトもありました。

ReCap Proを趣味で使うためには、もうちょっと稼ぎが良くないと難しそうです。。。

前に見た機材で100万ぐらいのもあった気が。

前に調べた時に100万ぐらいで買えるレーザスキャン機もあった気がする。

100万出すなら他の趣味に使いたいと思ってしまうが。

まとめ:趣味で使えそうなのはReCap Photoぐらいか

ReCap Photoは、カメラ撮影で3Dが作れるので、遊びでも十分に楽しめる。

GPS付ドローン撮影機とかがあれば、ReCap(360?)なんかも使えるのかもしれない。

無印Recapなどについては、使ってないので未知の部分が多い。

間違い情報かもしれません、コメント等で情報シェアしてもらえると喜びます。

シェアする

フォローする