フロントエンド的なIDEを作る。intelliJ導入と日本語化、FTP,SSH接続

intelliJ導入と日本語化

色々迷った結果、intelliJを導入してみようと思う。

フリー版があるので、万人に使いやすいと思う。

↓すべて英語だが、簡単に日本語化できる。

サーバーとの同期編集

FFFTP&ATOM+Browserの組合せとの決別

IntelliJに変えて便利になったのが、IntelliJ一つでサーバ接続できる点。(たぶんIDE使うと一般的なのだろうが・・・)

メニューから[ツール]⇒[デプロイ]⇒[構成]と[リモート・ホストの参照]と進むと、FTPなどが設定できる。

FTPやFTPS、SSH接続など、幅広く使えて便利。SFTP(SSH File Transfer Protcol)を利用中。

SFTPやFTP、FTPSで接続

~SFTPの場合~

SFTPホスト:IPやドメイン名

ポート:サーバで調べる(FTP=80、SSH=443とか?)

ルート・パス:接続後、サーバのどこをルートとして接続するか。(後から変更簡単)

ユーザ・認証:各自の設定。

ルートURL:ルートURL?(そのまま)

サーバと接続できると、サーバのデータを直接編集したり、ローカルにDLしたりできる。

便利キーマップ(ショートカット)

サーバーのデータは、IntelliJで編集したら「Ctrl」「Shift」「Q」でアップロードできる。

これだけでも、結構作業効率が上がった気がする。

Chromeを使って、変更の自動更新

Chromeのプラグインを使うと、自動でブラウザのオートリロードも。

マルチディスプレイ環境だと、非常に便利。

ウチのでは使っていると、たまにリロードが止まる症状が起きている・・・。バグでなく、使い方がよくわかっていないせいだろう(笑

Advertise

シェアする

フォローする