MetaTrader(MQL)プログラムの基本構造

言語的には、C++

  • コンパイル必須
  • アドレス計算は出来ません。
  • goto 構文はありません。
  • 匿名の列挙を宣言することは出来ません。
  • 多重継承はありません。

参考

Meta Editorで作れるもの

カスタム指標(カスタムインディケータ)

チャート上に、インジケータを表示させるプログラム。

EA(エキスパートアドバイザー)自動売買

EAとインジケータの違い(プログラミング)

コード

基本構造(init(), start(), deinit())

全体で使う設定はコードの最初

プリプロセッサ命令
(#property [名前] ←の部分)

バッファ用の配列など
([配列宣言(double BufMACD[];など)] ←の部分)

外部パラメータ
(extern [宣言文] ←の部分)

コードを書く3領域

init:初期化関数

プログラムを実行した時、1度だけ動く部分

start:開始関数

チャートが更新される度に動く部分。
なので、何度も何度も繰り返し動く

deinit:終了関数

チャートから削除するときに動作する部分。

(参考)

ああ

Advertise

シェアする

フォローする