MQLで手っ取り早く使える関数

まずは、動作確認のためにも

Print

吐出し。

Alert

ポップアップ。

慣れたらObject

Create⇒Set(⇒Delete)

  • ObjectCreate():どんな図形か設定
  • ObjectSet():画面のどこに置くか設定
  • ObjectDelete():削除
Advertise

シェアする

フォローする