MQLのフォルダ構成

MT4 / MT4 build600以降/ MT5
でのフォルダ構造の違い

Meta Trader4 / Meta Trader5
のファイル構造

files

各プログラムを実行したときに作成されるファイルが保存される。

include

書くプログラムで利用されるヘッダーファイルが保存される

indicators

カスタム指標プログラムのソースファイル(.mq4)と実行ファイル(.mq4)が保存される

libraries

ライブラリープログラムのソースファイル(.mq4)と実行ファイル(.mq4)、外部ツールで作成されたDLLファイル(.DLL)が保存される

logs

カスタム指標プログラムやエキスパートプログラムなどを実行した結果が1日ごとにログファイル(.log)として保存される

presets

エキスパートプログラムのパラメータを記録した設定ファイル(.set)が保存される

samples

メタトレーダで利用するための外部プログラム(DLL)を作成するためのサンプルが保存される。
DLLの作成には別途、Visual C++などの外部ツールが必要となる。

scripts

スクリプトプログラムのソースファイル(.mq4)と実行ファイル(.ex4)が保存される。

templates

Expert Advisor Wizard で利用するテンプレートファイル(.mqt)が保存される。

シェアする

フォローする