PHPの文字列変数などで複数行を利用する(ヒアドキュメント)

構文

複数行を文字列データとして扱う場合は、

<<<○○○好きな文字
文字列
文字列
○○○(開始と同じ;

良く使われるヒアドキュメントの文字(EOM,EOF,EOD)

好きな文字列でOKだが、よく使われるのは

  • EOM:End of Message
  • EOF:End of File
  • EOD:End of Document

変数の利用

変数を利用したい場合、波括弧{}で利用変数を括る。

Ex>

$i = 3;

<<<EOM
これは{$i}番目です。
EOM;

出力:これは3番目です。

注意点

  • タブやスペースなどインデントも丸っとコピーされる。
  • 終了の合図の文字列(EOM等)は、必ずインデントなしで行頭から始める。

下記の、JSでのやり方はPHPでも利用できる。(結合は「+」(JS)でなく「 . 」(PHP))

javascriptで複数行の文字列を変数に格納する

javascriptでは、ヒアドキュメント機能はないらしい。

文字列

var hoge_text = ‘文字列’;

複数行の文字列

var hote_senetence = 文字列‘+
‘文字列’+
‘文字列/n+
‘文字列’+;

シングルクォーテーションとプラスで疑似

シングルクォーテーション(’)で文字列囲んで、「+」で文字列通しを結合。

+演算子の前後は、改行が出来る。

Advertise

シェアする

フォローする